ロボット掃除機比較ガイド ロゴ
サイト内検索:
AQUA ロボットクリーナー AQC-RB100C 商品画像

AQUA ロボットクリーナー AQC-RB100C 商品画像

《「ティッシュでブロック」搭載のロボット掃除機》

「ロボットクリーナー AQC-RB100C」は、ハイアールアジア株式会社が日本で展開する「AQUA(アクア)」ブランドのロボット掃除機です。三洋電機の掃除機で採用されていた「ティッシュでブロック」を搭載。HEPAフィルターの汚れを抑えて清潔に使えます。またサイドブラシをマグネット着脱式にするなど使い勝手も工夫されています。

「AQUA ロボットクリーナー AQC-RB100C」の実売価格は32,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報

「AQUA(アクア)」は三洋電機株式会社が展開していた白物家電ブランドです。しかし2012年1月にハイアールアクアセールス株式会社(現ハイアールアジア株式会社)への事業譲渡と株式取得が行われ、現在はハイアール・グループ(海爾集団)のブランドとなっています。

「水」を表すAQUAブランドの商品は主に洗濯機や冷蔵庫でしたが、2014年3月から「扇風機」「オーブントースター」「ロボット掃除機」等を発表して商品カテゴリーを増やしています。「AQUA ロボットクリーナー AQC-RB100C」は、日本で開発され台湾で製造されています。

本体の他に同梱される付属品は「充電台(AQC-JS19)」「ACアダプター」「サイドブラシ(4個)」「リモコン」の4点となっています。

機能・性能

外見はAQUAのイメージを受け継ぐ白を基調としたシンプルなデザインです。操作部分に「タッチパネル」を採用しており、電源オン・オフや掃除時間の設定を直感的に操作できます。

掃除のアルゴリズムについてメーカーによる詳細な発表はありませんが、ルンバと同様に各種センサーで情報を収集して行動パターンを選択する「人工知能+パターン型」を採用しているようです。

「タイマー予約運転」機能を搭載しており、毎日設定した時刻に自動で掃除を行います。掃除時間は30分・45分・60分・75分・90分から選べます。

また付属の「リモコン」を使用すると「スタート・ストップ」「旋回モード」「時間設定」「充電」の操作が離れた場所から可能です。旋回モードとは、掃除を開始する位置から渦巻状に回転して直径約1.5メートルの範囲を集中して掃除する機能です。

集塵方式は、左右2個の「サイドブラシ」でゴミをかき集めて、底面の「回転ブラシ(床ブラシ)」でゴミをかきこみ、「吸引」するというオーソドックスな構造です。

排気フィルターには高性能の「HEPAフィルター」を搭載。汚れたら丸ごと水洗い可能です。さらに三洋電機時代の掃除機で採用されていた「ティッシュでブロック」を採用しており、ダストカップとHEPAフィルターの間に市販のティッシュを挟んでおくと、微細なチリやホコリをフィルターの手前でキャッチしてフィルター清掃の手間を軽減します。

バッテリーは「充電式リチウムイオンバッテリー」を採用。充電時間は約6時間。最大稼働時間は約90分となっています。またバッテリー寿命は約1年半です(毎日60分運転した場合)

各種消耗品が別売りされており、「バッテリー(AQC-LRB22)」は税別8,000円。「サイドブラシ1個(AQC-SBR1)」は税別1,500円。「HEPAフィルター(AQC-FLT1)」は税別2,000円となっています。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能 ×
サイドブラシ 拭き掃除機能 ×
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能
衝突防止機能 バーチャルウォール機能 ×
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 × リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2014年7月
メーカー ハイアール
型番 AQC-RB100C(W) ホワイト
JANコード 4562335441744
本体寸法 幅36センチ*奥行き36センチ*高さ9.2センチ
本体質量 約2.7キロ(バッテリー含む)
電源 交流100V 50/60Hz共用
バッテリー種類 充電式リチウムイオンバッテリー 14.8V
バッテリー容量 2200mAh セル数:4
バッテリー寿命 約1年半
充電時間 約6時間
消費電力 充電時:11W
稼働時間 最長約90分
掃除面積
運転音 50dB
集塵容積 約0.4L
フィルター HEPAフィルター
乗り越え能力 約1センチ

スポンサーリンク