ココロボ RX-V60(シャープ)の比較と評価

ロボット掃除機比較ガイド ロゴ
サイト内検索:
シャープ ココロボ RX-V60 商品画像

《コンパクト化&軽量化されたココロボ最小モデル》

「シャープ ココロボ RX-V60」はシャープが販売するロボット掃除機です。上位モデル(ココロボ RX-V100、ココロボ RX-V80)との違いは、大幅に小型化され軽くなったボディです。音声認識・スマートフォン連携などの「コミュニケーション機能」は省略されています。

「シャープ ココロボ RX-V60」の実売価格は45,000円前後です。

シャープ ココロボ RX-V60 商品画像

スポンサーリンク

製品情報

「ココロボ RX-V60」は、3機種あるココロボシリーズのエントリーモデルに該当する製品です。最大の特徴は本体の軽量コンパクト化です。

メーカー発表によると、上位モデル(ココロボ RX-V100ココロボ RX-V80)と比べて、直径を4.7センチ縮小(34.6センチ→29.9センチ)、重量を800グラム軽量化(3.3キロ→2.5キロ)。一般的なダイニングチェアの脚幅よりサイズが小さくなり、イスの間に入り込んで掃除しやすくなったそうです。また本体カラーはマットな質感の「ホワイト」となっています。

軽量化とサイズを小さくしたことで機能が犠牲になりそうですが、「ココロボ RX-V60」は主要部品の配置を工夫した結果、人工知能「ココロエンジン」「超音波センサー」「HEPAクリーンフィルター」「プラズマクラスター7000」「水洗い可能なダストカップ」等、従来品と同等の機能を実現しています。



しかしバッテリー容量が減少(3.0Ah→1.1Ah)した結果、掃除範囲が狭くなっています(20畳→16畳)。さらにダストカップの容量も上位モデルの約半分に変更されています(0.22リットル→0.1リットル)。また「ココロボ RX-V100」に搭載されている「スマートフォン連携機能」「無線LAN対応」「内蔵カメラによる室内撮影」「USBポート」は省略されました。

本体と内蔵バッテリー以外に「リモコン」「充電台(ステーション)」「クリーニングブラシ」「交換用サイドブラシ1セット(2個)」が付属します。

なお「ココロボ RX-V60」には、有料の「メンテナンスサポート」が設定されています。

サポート内容は「バッテリー交換(税込14,700円)」「サイドブラシ・回転ブラシ・フィルター交換(税込8,610円)」「本体内部分解清掃(税込3,150円)」、修理・バッテリー交換・分解清掃と同時に申し込める「消耗品メンテナンスパック(525円+部品代)」です。

サポートの申し込みは、シャープのサービス拠点に直接持ち込むか、宅配業者引取サービスでの提供となっています。詳細については、下記のリンクからお問い合わせください。

→ COCOROBOメンテナンスサポート|ホームソリューション事業:シャープエンジニアリング株式会社

レビュー・評価

長所

「ココロボ RX-V60」のセールスポイントは大幅なコンパクト化です。これにより狭い場所にも入りやすく掃除効率がアップしています。しかも小さくなったにも関わらず、基本的な掃除性能は上位機種とほとんど変わりません。また充電時間が従来品の半分に短縮されています(約4時間→約2時間)

短所

ココロボシリーズ共通の欠点は、バッテリーを自分で交換できないことです。交換したい場合は、購入した販売店かシャープのサービス窓口に依頼する必要があります。しかも交換費用は工賃込みで「14,700円(税込)」とかなり高く設定されています。これはサードパーティ製の互換バッテリーを格安で購入できるルンバと比べてランニングコストが高いと言えます。

コンパクト化によるデメリットとして、バッテリー容量の減少があります。これにより掃除できる面積が上位機種と比べて狭くなっています。広い部屋や複数の部屋を掃除させたい場合は、上位機種(RX-V100・RX-V80)を選択したほうが無難かもしれません。

また上位モデル(RX-V100・RX-V80)の「タイマー運転機能」は、本体の表示を見ながら「曜日・時間」を指定するタイプです。一方「RX-V60」の「予約運転機能」は、現在の時刻から1・2・4・8時間後にオート運転をスタートする簡易タイプとなっています。

例えば、現在の時刻が午前10時で午後2時にスタートさせたい場合は「今から4時間後」を指定します。設定方法はリモコンのボタンを押すだけで、予約した時間が画面表示される訳ではないので少々不便に感じられます。

販売店検索

楽天で検索Amazon.co.jpで検索Yahoo!ショッピングで検索ヤフオク!で検索

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能 ×
サイドブラシ 拭き掃除機能 ×
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能
衝突防止機能 バーチャルウォール機能 ×
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 × リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2012年12月
メーカー シャープ
型番 RX-V60-W(ホワイト系)
本体寸法 幅29.9センチx奥行き29.9センチx高さ9.5センチ
本体質量 2.5キロ
電源 入力:AC100V 50-60Hz共用
バッテリー種類 リチウムイオン電池(Li-ion)
バッテリー容量 16.0V、1.1Ah
バッテリー寿命 約3年
充電時間 約2時間
消費電力 30W(充電時)
稼働時間 約50分(LOWモード運転時)
約30分(HIGHモード運転時)
掃除面積 -
運転音 -
集塵容積 0.1リットル
フィルター HEPAクリーンフィルター
乗り越え能力 約1.5センチ

スポンサーリンク