ロボット掃除機比較ガイド ロゴ
サイト内検索:
アイロボット ルンバ621 商品画像1

アイロボット ルンバ621 商品画像1

《XLifeバッテリー搭載のルンバ新600シリーズ下位機種》

「アイロボット ルンバ621」は、アイロボット社が開発したロボット掃除機「ルンバ600」シリーズの下位機種です。基本性能は「ルンバ622」と同じですが、付属品の「リモコン」「交換用フィルター」「交換用エッジクリーニングブラシ」を省略して低価格を実現しています。

「アイロボット ルンバ621」の実売価格は38,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報

「アイロボット ルンバ621」は、ロボット掃除機「ルンバ」の入門機となる「600シリーズ」のエントリーモデルです。

ルンバ600シリーズは2012年10月に登場した普及版のルンバであり、ルンバ500シリーズのコンポーネントを流用してコストダウンを行い低価格を実現しています。

発売当初は「ルンバ630」と「ルンバ620」の2機種がラインナップされていましたが、「ルンバ620」の販売が終了して後継機種となる「ルンバ622」と「ルンバ621」が登場しています。

国内正規品ルンバ600シリーズの違いを一覧表にしたのでご参考ください(2014年9月時点)

製品名称 ルンバ622 ルンバ621 ルンバ630 ルンバ620(販売終了)
フェイスプレートカラー ホワイト ホワイト グレー ホワイト
バッテリー種類 XLifeバッテリー XLifeバッテリー 旧型バッテリー 旧型バッテリー
バッテリー寿命 約3年 約3年 約1年半 約1年半
自動充電機能
スケジュール機能 × × × ×
ホームベース
ACアダプター
バーチャルウォール オートバーチャルウォール オートバーチャルウォール バーチャルウォール(2個) バーチャルウォール
お手入れカッター
リモナビ(リモコン) ×
クッションラバー
交換用フィルター × ×
交換用エッジクリーニングブラシ × × ×
乾電池
アイロボットストア価格(税別) 49,000円 46,000円 52,191円 47,429円

「ルンバ621」と上位機種「アイロボット ルンバ622」の違いは同梱される「付属品」です。

「ルンバ621」には「リモナビ(リモコン)」「交換用フィルター」「交換用エッジクリーニングブラシ」が同梱されていません。その代わり価格が3,000円安く設定されています。

リモコンとはルンバを遠隔操作できる付属品です。離れた場所から「電源オン・オフ」「掃除開始・終了」「ホームベースに帰還・充電」「手動操縦」といった操作が可能です。別売品のリモコンは税別3,500円で販売されています。

交換用フィルターはダスト容器にセットして使用します。フィルターの表面にゴミが付着して斑点ができたり吸引力が弱くなった時に交換する必要があります。掃除環境に左右されますが交換時期の目安は3~4ヶ月とされています。別売品の交換用フィルター3枚セット(500/600シリーズ専用)は税別3,000円です。

交換用エッジクリーニングブラシは、壁際やコーナーの取りにくいゴミを回転しながら前方にかきだします。ブラシが磨耗したり破損した場合に交換します。別売品のエッジクリーニングブラシは税別2,000円です。

「ルンバ621」に同梱されない付属品(リモコン1個・フィルター1個・エッジクリーニングブラシ1個)の価格を合計すると税別6,500円になります。前述したように「ルンバ621」と「ルンバ622」の価格差は3,000円なので「ルンバ622」の方が3,500円もお得という結果となっています。

なるべく値段が安い方が嬉しい人は「ルンバ621」を選んでも良いと思いますが、いずれ消耗品を購入する予定があるようでしたら「ルンバ622」を選んだほうが満足できると思います。

アイロボット ルンバ621 商品画像2

「ルンバ622」と「ルンバ621」の機能・性能は、基本的に「ルンバ620」と同じです。外観も同じ「ホワイト」のフェイスプレートを装備しているので見た目の区別はつきません。

では「ルンバ622」「ルンバ621」と「ルンバ620」の違いがどこかというと「バッテリー」「バーチャルウォール」になります。

新ルンバ600シリーズで採用された「XLife(エックスライフ)バッテリー」は寿命が約3年に伸びており、旧型バッテリー(約1年半)に比べると大幅に性能アップしています。

さらに仮想フェンス発生装置「バーチャルウォール」が、スケジュール機能を持つルンバ向けに改良された「オートバーチャルウォール」に変更されました。しかしルンバ600シリーズにはスケジュール機能自体が元々無いので、ユーザーにとってあまり意味のある変更ではないでしょう。

ルンバ600シリーズの掃除システムは、2007年10月に発売された「ルンバ500シリーズ」をルーツとしています。

側面の「エッジクリーニングブラシ」でゴミを集めて、底面の「デュアルパワーブラシ」でかきこみ、「密着ワイパー型吸引口」で吸い取る「3段階クリーニングシステム」は、そのままルンバ600シリーズにも採用されています。

しかしメインブラシや吸引システムは日本向けの独自設計に変更され、綿埃やフローリングでの掃除性能を向上させています。また回転ブラシの素材を柔らかいものに変更して、床を傷をつけにくく、毛髪・ペットの毛が詰まりにくくなっています。

掃除のアルゴリズムに関しては、人工知能「AWARE(アウェア)」に加えて700シリーズから登場した高速応答プロセス「iAdapt(アイ・アダプト)」を採用。人工知能が処理した情報を即時に伝達することで最適な判断ができるとされています。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能
サイドブラシ 拭き掃除機能 ×
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能 ×
衝突防止機能 バーチャルウォール機能
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2014年9月
メーカー アイロボット
型番 R621060(ホワイト)
JANコード 0885155007711
本体寸法 幅34センチ*奥行き34センチ*高さ9.2センチ
本体質量 約3.7キロ(バッテリー含む)
電源
バッテリー種類 充電式ニッケル水素電池
バッテリー容量
バッテリー寿命 約3年
充電時間 約3時間
消費電力 充電時:33W
稼働時間 CLEAN(通常清掃)モード使用時:最大60分
バッテリー稼動可能時間:最大90~120分
掃除面積 最大25畳
運転音
集塵容積 0.23リットル
フィルター
乗り越え能力 約2センチ

スポンサーリンク