ロボット掃除機比較ガイド ロゴ
サイト内検索:
ネイトロボティクス ネイト Botvac 80(BV-80)商品画像

ネイトロボティクス ネイト Botvac 80(BV-80)商品画像

《Amazon限定の「ネイト Botvac」スタンダードモデル》

「ネイトロボティクス ネイト Botvac 80」はネイトロボティクス株式会社が販売するロボット掃除機です。本体カラーは「ホワイト&マジェスティックパープル」。「2重らせんコンボブラシ(1本)」と「アレルゲンカット高性能フィルター(1個)」が付属します。

「ネイトロボティクス ネイト Botvac 80」の販売価格は税別63,800円です。

スポンサーリンク

製品情報

「ネイトロボティクス ネイト Botvac 80」は、「ネイトロボティクス株式会社(本社:東京都大田区)」が販売する「ネイト Botvac」シリーズのスタンダードモデルです。

海外では通常ラインナップに含まれていますが、日本では「通販専用モデル」としてAmazon.co.jpの「ネイトストア」で限定販売されています。

本体カラーは「ホワイト&マジェスティックパープル」です。付属品は「アレルゲンカット高性能フィルター(1個)」「2重らせんコンボブラシ(1本)」「シリコンブレードブラシ(1本)」の3点となります。

他機種との違い

他のネイトBotvacシリーズとの違いは「本体カラー」「付属品」「価格」です。

最大の違いは「付属品の数量」となっており、ハイエンドモデルの「ネイト Botvac 85」は「フィルター3個、コンボブラシ1本、ブレードブラシ1本」、スタンダードモデルの「ネイト Botvac 80」は「フィルター1個、コンボブラシ1本、ブレードブラシ1本」、エントリーモデルの「ネイト Botvac 75」は「フィルター2個、ブレードブラシ1本」となっています。

シリコンブレードブラシは「じゅうたん・カーペット用」となっておりフローリングには向いていません。したがってフローリングで使用することが多い場合はコンボブラシが付属する「ネイト Botvac 85」「ネイト Botvac 80」を選んだほうが良いでしょう。

基本性能については3機種共通なので掃除性能に違いはありません。

ちなみにテレビ通販の「ジャパネットたかた」「ネイトロボティクス ロボット掃除機 ボットバック80 ジャパネットたかた専用モデル BV-80JT」という商品を販売しています。

機能・性能は「Botvac 80」と同じですが付属品の「アレルゲンカット高性能フィルター」が3個に増量されています。価格は税別63,800円です。

感想・評価

3種類ある「ネイト Botvac」シリーズですが、機能・性能は共通であり違いは「カラー」「付属品」だけとなっています。

上位機種の「Botvac 85」には「アレルゲンカット高性能フィルター」が3個付属します。一方「Botvac 80」には1個しか同梱されていません。

別売り品の「フィルター6個セット(NB-HF6)」は税別5,980円、「フィルター2個セット(NB-HF2)」は税別2,480円です。

お得な6個セットを買ったとしてもフィルター1個あたり約1,000円なので、価格差を考慮すると最初からハイエンドモデルの「Botvac 85」を選んだほうがお得だと思います。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能ゴミ検知機能×
サイドブラシ拭き掃除機能×
床ブラシ自動充電機能
バキューム機能スケジュール機能
衝突防止機能バーチャルウォール機能
落下防止機能ライトハウス機能
からまり防止機能×リモコン操作機能×

製品仕様

発売年月2014年11月
メーカーネイトロボティクス
型番 BV-80(ホワイト&マジェスティックパープル)
JANコード-
本体寸法縦32.1センチ*横33.5センチ*高さ10センチ
本体質量約4.1キロ
電源入力:AC100V~240V 50/60Hz
バッテリー種類 充電式ニッケル水素電池
バッテリー容量-
バッテリー寿命-
充電時間120分~180分
消費電力-
稼働時間充電1回:最大60分~90分
充電3回:最大180分~270分
掃除面積最大稼働面積126畳
運転音-
乗り越え能力最大19mm

スポンサーリンク