ロボット掃除機比較ガイド ロゴ画像
サイト内検索:
その他 メーカー タイトル画像

その他 メーカー タイトル画像

《ハンディクリーナーなしの低価格モデル》

「マミロボット ポロ K5(Mami Robot PPORO K5)」は、2005年に設立された韓国のロボットベンチャー企業「MamiRobot」が開発・販売するロボット掃除機です。上位機種の「マミロボット ポロ K7」との違いは、ハンディクリーナーの有無となっています。

「マミロボット ポロ K5」の実売価格は税込29,800円です。

スポンサーリンク

製品情報

「マミロボット ポロ K5」の大きさは、直径35センチ、高さ9センチ、重量は約2.8キロ。人工知能プログラム「MR-i OS5.0」を搭載し「一般掃除モード」と「SSWモード」の2種類のアルゴリズムを選択可能です。

「一般掃除モード」はスイッチを押すと6段階の掃除パターン(集中掃除→自由進行掃除→壁面コーナー掃除→自由進行掃除→格子進行掃除→自由進行掃除)を繰り返して掃除を行います。「SSWモード(Spider Spinning Web)」は周辺の地形と空間の広さを把握して巣を作るクモの生態からアイデアを得て開発された技術で、最初に部屋の周辺を一周して室内の広さを把握し、その後いくつかのパターンを組み合わせながら掃除をします。

掃除システムは前面にある2個のサイドブラシでゴミをかき出して床ブラシでかきこみながら吸引するオーソドックスな仕組みです。この他に、落下防止機能、拭き掃除機能、自動充電機能、スケジュール機能、リモコン操作機能が搭載されています。バッテリーは充電式のニッケル水素電池を採用し充電時間は約2時間、充電時の消費電力は35W、運転時間は最大120分で最大掃除面積は約25畳です。

レビュー・評価

長所

「マミロボット ポロ K5」は豊富なボディカラーが魅力です。オレンジ・シルバー・チタン・ホワイト・ライム・ワインの6種類がラインナップされています。ロボット掃除機は常に充電したまま置いておく必要があるため、家具と同様にインテリアとの調和が大切だと思います。このためカラーを豊富に選べるのは大きなセールスポイントになると思います。

短所

「マミロボット ポロ K5」と「ポロ K7」の違いはハンディクリーナー「チャル」の有無です。しかし「マミロボット ポロ K5」にはハンディクリーナーが付属しないのにも関わらず、充電ドックステーションにハンディクリーナーを置くスペースが残されたままになっており、見た目に中途半端な印象を受けます。充電ステーションのサイズも他のロボット掃除機より大きめなので置くスペースに余裕がなさそうです。このあたりは「マミロボット ポロ K5」専用の充電ステーションを用意するなど配慮がほしいところです。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能 ×
サイドブラシ 拭き掃除機能
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能
衝突防止機能 × バーチャルウォール機能 ×
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 × リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2011年
メーカー マミロボット
型番 K5
本体寸法 幅35センチx奥行き35センチx高さ9センチ
本体質量 約2.8キロ
電源 AC 100~240V 50/60Hz
バッテリー種類 充電式ニッケル水素電池
バッテリー容量
バッテリー寿命
充電時間 約2時間
消費電力 35W
稼働時間 最大120分
掃除面積 最大25畳
運転音
集塵容積
フィルター 使い捨てフィルター
乗り越え能力 約1.5センチ

スポンサーリンク