ロボット掃除機比較ガイド ロゴ画像
サイト内検索:
Ilshim Global WINDORO WCR-I001 商品画像1

Ilshim Global WINDORO WCR-I001 商品画像1

《韓国生まれのユニークな窓拭き専用お掃除ロボット》

「WINDORO WCR-I001」(ウィンドロ WCR-I001)は、韓国のIlshim Global社が開発した窓拭きロボットです。ガラスを内側と外側から永久磁石で挟み込み、人工知能とセンサーで窓枠の広さ・ガラスの厚さを測定。洗剤を噴射しながら拭き掃除を行います。

「Windoro WCR-I001」の実売価格は60,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報

「WINDORO WCR-I001」は、レンズクリーナーなどを手がける韓国のベンチャー企業「Ilshim Global Co., Ltd.(一心グローバル)」が開発した家庭用窓拭きロボットです。日本の輸入販売元は日本グリーンパックス株式会社(京都府長岡京市)となっています。

本体の他に「リモコン」「充電アダプター」「専用洗剤」「外面クリーニング装置用マイクロファイバーパッド」「内面ナビゲーション装置用マイクロファイバーパッド」「端掃除キット補助パッド」「安全紐」が付属します。

「WINDORO」の本体は、内面装置(走行機能)と外面装置(清掃機能)の2つに分かれていて、永久磁石が4個ずつ付いています。磁力センサーと磁力調整ダイヤルにより、厚さ5ミリ~15ミリのガラスに対応。窓ガラスを両側から挟み込む形でセットすると準備完了です。

スタートボタンを押すと「WINDORO」は窓枠の縦方向と横方向の長さを自動測定。窓ガラスの幅が2メートル以下の場合は「シングルモード」。2メートル以上の場合は2つのブロックに分けて掃除する「ダブルモード」で動作します。

「WINDORO」は上から下に向かってジグザグに動きながら、回転式のマイクロファイバーパッドで拭き掃除を行います。窓拭きには「WINDORO」専用洗剤を使用します(本体に最大40ml注入可能)。またマイクロファイバーパッドは水洗い可能です。掃除終了またはバッテリー残量が少なくなると、自動でスタートした位置に戻り、3回ブザー音を鳴らして停止します。

付属のリモコン(赤外線受信方式)は「スタート」「ストップ」「一時停止」「スタート位置に戻る」「手動モード」といった操作が可能です。また「走行スピード」「掃除間隔」「洗剤噴射量」もリモコンから変更できます。

万一の落下防止対策として、長さ約3.4メートルの「安全紐」が付属しています。これは外面装置のハンドルに結びつけて利用します。

Ilshim Global WINDORO WCR-I001 商品画像2

製品仕様

発売年月 2012年7月
メーカー Ilshim Global Co., Ltd.
型番 WCR-I001
本体寸法 内面装置:幅21.8センチx奥行き21.1センチx高さ5.1センチ
外面装置:幅21センチx奥行き20.8センチx高さ4.7センチ
本体質量 2.9キロ(内面装置:1.6キロ 外面装置:1.3キロ)
電源 定格電圧AC100V/240V、電圧DC15V、1.6A
バッテリー種類 リチウムイオン電池(Li-ion)
バッテリー容量 リチウムイオン本体:11.1V、2200mAh
外部:7.4V、2000mAh
バッテリー寿命
充電時間 約150分
消費電力 25W以下
稼働時間 約90分
掃除面積
運転音 60dB以下
移動速度 8cm/秒
対応するガラスの厚さ 5~15ミリ

スポンサーリンク