ロボット掃除機比較ガイド ロゴ画像
サイト内検索:

フォアベルク コーボルト VR100 商品画像

《ドイツの老舗メーカーが販売するお掃除ロボット》

「フォアベルク コーボルトVR100(Vorwerk Kobold VR100)」は、ドイツの掃除機メーカー「VORWERK(フォアベルク)」が販売するロボット掃除機です。米・Neato Robotics社の「Neato XV-11」をベースにフォアベルク社がカスタマイズしたOEM製品であり、ドイツ国内ではトップシェアを獲得しているそうです。

後継機種は「フォアベルク コーボルトVR200」です(2014年12月発売)

スポンサーリンク

製品情報

「フォアベルク(Vorwerk & Co. KG)」は、1883年(明治16年)にドイツで設立された老舗の家電メーカーです。元々はカーペットメーカーとして創業し、1930年に(昭和5年)に家庭用電気掃除機を開発しています。

現在フォアベルクの製品は世界70カ国以上で販売され、ドイツでは4軒に1軒、イタリアでは3軒に1軒の家庭で愛用されているそうです。同社の製品名はドイツの民間伝承に登場する妖精(精霊)「Kobold(コボルト)」に由来しています。

「コーボルトVR100」は、Neato Roboticsの「Neato XV-11」をベースに開発されたロボット掃除機ですが、広範囲にわたってフォアベルク社の手が入っています。

例えば、掃除性能を高めるため「Neato XV-11」にはなかった「サイドブラシ」が本体右側に追加されています。このサイドブラシは不用意にホコリをまき散らさないよう、最低限の長さ(2.3センチ)に設定しています。

この他にも「ブラシローラー」「フィルター」「モーター」は完全にカスタマイズされ、Neato Robotics製の「レーザーレンジファインダー」とソフトウエアを組み合わせて製品化されています。さらにバッテリーを「ニッケル水素電池(3,200mAh)」から、寿命が長い「リチウムイオン電池(4,400mAh)」に変更。運転音も「Neato XV-11」より小さく抑えられています。

「コーボルトVR100」は、ルンバ型のロボット掃除機とは一線を画する「D型」のデザインが特長です。本体上面の右上に液晶ディスプレイを装備。上下ボタンでメニューを選択します。お掃除モードは2種類で、家全体を掃除する「ハウス掃除」と1.5メートル*1.2メートルの範囲を掃除する「スポット掃除」を選択可能です。

ディスプレイの右側にあるスタートボタンを押すと運転を開始。掃除しながら障害物や段差を自動的に検知して回避します。「コーボルトVR100」が乗り越え可能な段差は「約2センチ」とされています。また「幅33センチ以上、高さ10センチ以上」の隙間も回避可能です。

掃除システムは「サイドブラシ」で壁際のゴミを集めて、毎分1,440回転の「ブラシローラー(床ブラシ)」でかき取る方式です。ブラシローラーは「化繊毛ブラシ」「ラバープレート」の二重らせん構造になっていて、床の種類に合わせて効率を高めています。しかもサイドブラシはマグネットで付いているので簡単に取り外せます。

「コーボルトVR100」は、Neato Robotics社が開発した「レーザーナビゲーションシステム」を搭載しています。

掃除を開始するとレーザー測距器を利用して360度の範囲を毎秒1,800回スキャン。室内を反時計回りに一周して、部屋全体の広さ、形状、家具の配置を把握する「マッピング(地図作成)」を行います。これにより最短ルートで効率よく掃除を実行します。

またドアの位置を検知し部屋と部屋の区切りを認識(約80~100センチ)。一つ目の部屋の掃除が終了すると次の部屋に移動するルンバの「ライトハウス機能」に近い動作を行います。

掃除中にバッテリー残量が少なくなると自動で充電台に戻り充電を開始。充電が終わると掃除を中断した場所まで戻り、掃除を再開する「レジューム機能」を装備。曜日ごとに15分単位で掃除時間を設定できる「スケジュール機能(タイマー機能)」も搭載しています。集じん容量400mlの「ダストボックス」はフィルターを外して水洗い可能です。

「コーボルトVR100」の掃除範囲を制限する場合は、ルンバの「バーチャルウォール」のような仮想フェンスではなく専用の「磁気テープ」を使用します。階段・段差の前にテープを置くことで「コーボルト VR100」の落下を二重に予防できます。このテープはハサミで好きな長さにカット可能で、カーペット(厚さ1センチ以下)の下に置いても機能します。

さらに「コーボルト VR100」はファームウェアのアップデートにも対応しています。本体とパソコンをUSBケーブルで接続して、アップデート用ソフトを実行すると最新のファームウェアに更新されます。これによりディスプレイの表示内容、ナビゲーションシステム、掃除中の動作などが改善されるとのことです。アップデーターはフォアベルクの公式サイトから無料ダウンロードできます。

→ ロボット掃除機 ソフトウェア アップデート(フォアベルク)

同梱付属品は、本体とバッテリーの他に「サイドブラシ(1個)」「充電ステーション(1個)」「ACアダプター(1個)」「磁気テープ(4m)」となっています。

別売の付属品・消耗品は「フィルター」「ブラシローラー」「サイドブラシ(1個)」「ダストボックス」「ACアダプター」「充電ステーション」「磁気テープ」が用意されています。

ちなみに「コーボルトVR100」のバッテリー交換は自分ではできません。バッテリーは別売されていないので、フォアベルク社の直営ショールームかショップ、もしくはフォアベルク本社に直接依頼する形となります。バッテリー交換の目安は「2年~3年」です。

レビュー・評価

長所

「コーボルトVR100」のレーザーナビゲーションシステムは常に部屋全体をスキャンしているので、掃除中に家具を動かしたとしても見事に回避できる能力があります。また部屋の入口(ドア)や廊下を自動認識するので、複数の部屋を効率よくきれいにしたい人におすすめできる製品です。

さらにサイドブラシの追加、床ブラシの改良、リチウムイオン電池の搭載など、「Neato XV-11」とは別物と言えるアップデートが行われており、とても真面目に作られたロボット掃除機だと思います。

短所

「コーボルトVR100」の欠点は価格が高いことです。家電量販店・百貨店等での取扱いがなく、直営のショールーム又は公式オンラインショップのみでの定価販売(税別75,000円)となっています。

運転音の大きさも気になるポイントです。ベースモデルの「Neato XV-11」は強力なファンモーターを搭載しており、まるで飛行機のジェットエンジンのように強烈な運転音が弱点でした。前述のように「コーボルトVR100」は改良されているようですが、可能であれば実際に動かして確認されたほうが良いと思います。

※参考資料として「コーボルトVR100」のテスト動画を紹介します。最短ルートを通過する様子、ジェットエンジンのような運転音も聞くことができます。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能 ×
サイドブラシ 拭き掃除機能 ×
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能
衝突防止機能 バーチャルウォール機能
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 × リモコン操作機能 ×

製品仕様

発売年月 2012年9月
メーカー フォアベルク
型番 VR100
本体寸法 幅34センチx奥行き34センチx高さ10センチ
本体質量 約3.7キロ
電源 AC100~240V 50/60Hz
バッテリー種類 リチウムイオン電池
バッテリー容量 4,400mAh
バッテリー寿命 2年~3年(約800回の充電が可能)
充電時間 約1.5時間
消費電力 42W
稼働時間 約1時間
掃除面積 ハードフロア 120平方メートル(72畳、36坪)
カーペット 75平方メートル(45畳、22.5坪)
運転音
集塵容積 0.4リットル
フィルター
乗り越え能力 2センチ

スポンサーリンク