ロボット掃除機比較ガイド ロゴ
サイト内検索:
フォアベルク コーボルトVR200 商品画像1

フォアベルク コーボルトVR200 商品画像1

《吸塵力が2倍になったドイツ生まれのロボット掃除機》

「フォアベルク コーボルトVR200」はコーボルトジャパンが販売するロボット掃除機です。新型モーターの搭載により吸塵力が従来品の2倍に向上しています。3個の「超音波センサー」と「レーザーナビゲーションシステム」により効率よく掃除を行います。

「フォアベルク コーボルトVR200」の価格は税別95,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報

「フォアベルク コーボルトVR200」は、ドイツの家電メーカー「フォアベルク(Vorwerk)」が開発したロボット掃除機です。日本での販売は正規代理店の「コーボルトジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区)」が行っています。

アメリカのロボットメーカー「Neato Robotics(ネイトロボティクス)」の製品をベースに開発されおり、外見はよく似ていますが内容はかなり異なります。

本体カラーは「ホワイト」の1種類のみです。付属品は「VR200用充電ステーション」「磁気テープ(4m)」「リモートコントローラー」「USBケーブル」「サイドブラシ(1個)」「ブラシローラー(1個)」「フィルター(1個)」「ダストボックス(1個)」「取扱説明書」の9点となります。

従来品との比較

「フォアベルク コーボルトVR200」は従来品の「フォアベルク コーボルトVR100」から大幅に進化しています。

従来品との主な違いは「液晶表示」「モーター」「風量」「端からメインブラシまでの間隔」「隅からサイドブラシまでの間隔」「乗り越え補助機能」「超音波センサー」「床センサー」「LDSバンパー」「メインブラシ簡単着脱機構」「ダストボックスお手入れ機構」「プレフィルター」「バッテリー」「連続運転時間」「運転音」「リモコン」「ソフトウェアアップデート」「価格」となります。

外観・デザイン

D型のデザインは従来品と同じですが、細部が変更されフォアベルク独自の設計となっています。本体上部には折り畳み式の「持ち手」が追加され持ち運びに便利です。また液晶表示は「白黒液晶」「多色カラー液晶」に改良されました。

フォアベルク コーボルトVR200 商品画像3

クリーニングシステム

掃除は、右側の「サイドブラシ」でゴミを集めながら「ブラシローラー」と呼ばれる床ブラシでかきとり吸引する3段階方式です。

モーターはフォアベルク製の「BLDC-8モーター」を採用。風量が「毎秒8.8リットル」から「毎秒12~13リットル」に向上しています。結果として吸塵力が従来品の2倍になりました。

またサイドブラシとメインブラシの配置も改良され、従来品よりゴミを取り除きやすくなっています。車輪には「乗り越え補助機能」と呼ばれる補助脚が追加されており約2センチまでの段差を乗り越え可能です。

フォアベルク コーボルトVR200 商品画像2

掃除のアルゴリズム

従来品と同様に「レーザーナビゲーションシステム」と呼ばれるレーザーレンジスキャナーを使用した「SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)」方式を採用しています。1秒間に1800回も室内をスキャンして「マッピング(地図化)」を行い、室内にある約98パーセントの障害物を検知した上で掃除を実行します。

さらに透明な物体を発見できる「超音波センサー」、段差を検知し落下を防ぐ「床センサー」、壁際を検知する「壁センサー」「LDSバンパー」など14種類のセンサーを搭載しています。

お手入れ・メンテナンス

メインブラシをワンタッチで取り外せる「メインブラシ簡単着脱機構」、ダストボックスを本体にセットしたまま掃除機でゴミを吸い出せる「ダストボックスお手入れ機構」を採用。

またフィルターにはネット状の「プレフィルター」を追加してフィルターのお手入れが簡単になっています。

その他の機能・性能

バッテリーは従来品と同じ「リチウムイオン電池」ですが、「ECOモード」を選ぶことにより連続運転時間が「最大90分」になります(従来品は最大75分)。運転音は「約70dB」ですがエコモードにすると3デシベル小さい「約67dB」になります。

付属品として新たに「リモコン」が追加されました。リモコンを使用すると5メートル以内から「電源のオン・オフ」「モードの切替え」「手動操作」が行えます。

さらにコーボルトシリーズの特長である「ソフトウェアアップデート」の方法が、パソコンを経由する方式から「USBメモリー」にプログラムを保存してアップデートする方式に変更されています。

感想・評価

フォアベルクのコーボルトシリーズはとても丁寧に作られている製品です。「コーボルトVR200」も従来品(コーボルトVR100)の弱点を細かく改良しており、確実に性能アップしています。

あえて「コーボルトVR200」の弱点を挙げると「センサー」「排気」「運転音」になるでしょう。

まずセンサーですが室内全体をレーザーで常時スキャンするため、イスにかけた上着を壁と判断するほど敏感なようです。したがって念入りに掃除してもらうためには「コーボルトVR200」がスムーズ移動できるよう、ある程度は掃除前に片付けておく必要があります。

排気に関してはライバル製品に比べて風が強くなっています。おそらく同じ場所を何度も通過せず短時間で掃除を終わらせるよう吸引力を高めた結果だと思いますが、机の上に置いた紙などを吹き飛ばしてしまう可能性があります。

最後に運転音ですが「約70デシベル」と発表されています。普通の会話は60デシベル前後ですから「コーボルトVR200」が動いている時に会話や電話をするのは難しいと思われます。なるべく外出中や人のいない部屋で使用したほうが良いかもしれません。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能ゴミ検知機能×
サイドブラシ拭き掃除機能×
床ブラシ自動充電機能
バキューム機能スケジュール機能
衝突防止機能バーチャルウォール機能
落下防止機能ライトハウス機能×
からまり防止機能×リモコン操作機能

製品仕様

発売年月2014年12月
メーカーフォアベルク
型番VR200
JANコード4580414141354
本体寸法幅34センチ*奥行き34センチ*高さ9.0センチ
本体質量約4.2キロ
電源入力:AC100-240V 50Hz-60Hz
バッテリー種類リチウムイオン電池 DC14.4V
バッテリー容量-
バッテリー寿命充放電約800回
充電時間3時間
消費電力通常:約70W ECOモード:約50W スタンバイ時:約1.5W
稼働時間通常:約60分 ECOモード:約90分
掃除面積-
運転音通常:約70dB ECOモード:約67dB
乗り越え能力約2センチ
スポンサーリンク