ロボット掃除機比較ガイド ロゴ画像
サイト内検索:

アナバス ロボクリーナー SZ-300 商品画像

《定番機能を備えたロングセラーお掃除ロボット》

「アナバス ロボクリーナー SZ-300(ANABAS ROBO CLEANER SZ-300)」は、総合商社「太知ホールディングス」の国内事業部が「ANABAS(アナバス)」ブランドで販売するロボット掃除機です。「ロボクリーナー SZ-350」より古い機種となりますが、現在も販売が継続されているようです。

「Robo Cleaner SZ-300」の実売価格は20,000円~30,000円です。

スポンサーリンク

製品情報

「ロボクリーナー SZ-300」は2007年11月に発売されたお掃除ロボットです。発売当時は希望小売価格69,800円(税込)でしたが、現在は大幅に値引き販売されています(実売2~3万円前後)主な機能として、自動充電機能、自動スタート機能、落下防止機能、UV除菌機能、リモコン操作機能を搭載しています。

掃除システムは、サイドブラシでゴミをかき集めて底面のパワーブラシ(床ブラシ)で吸引する仕様です。掃除方法は5種類の掃除パターン(ランダム・スパイラル1・ジグザグ・壁沿い・スパイラル2)を繰り返す方式です。掃除時間は、部屋の大きさに合わせて3段階から選べます(60分・40分・20分)

掃除終了または電池残量が少なくなると自動で充電ステーションに戻ります。充電が完了すると自動で掃除を再開する自動スタート機能も搭載しています。また掃除前にUVランプを点灯すると床面を除菌できます。紙パック不要の集塵ケースは水洗い可能です。

付属品は、充電ステーション、充電池、ACアダプター、リモコン、集塵フィルター(予備2枚)となっています。

ロボクリーナー SZ-350との比較

「ロボクリーナー SZ-350」との違いは、「本体カラー」・「タイマー設定の仕様変更」・「液晶ディスプレイの表示追加」・「付属品の増量」です。

まず「本体カラー」について「SZ-300」はシンプルなグレーですが、「SZ-350」は女性ユーザーを意識したピンクに変更されています。「タイマー設定」に関しては「SZ-300」が「60分・40分・20分」の3段階なのに対して、「SZ-350」は「80分・70分・60分・50分・40分・30分・20分・10分」の8段階に増えています。

また「SZ-350」の「液晶ディスプレイ」にはバッテリー残量と残り掃除時間の表示が追加されました。さらに「SZ-350」には付属品として予備の集塵フィルターとサイドブラシが追加されています。しかし基本的な掃除機能は「SZ-300」から変更がないので、価格を重視して旧モデルの「SZ-300」を選んでも問題ないと思います。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 × ゴミ検知機能 ×
サイドブラシ 拭き掃除機能 ×
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能 ×
衝突防止機能 × バーチャルウォール機能 ×
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 × リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2007年
メーカー 太知ホールディングス
型番 SZ-300
本体寸法 幅34.5センチx奥行き36センチx高さ8.5センチ
本体質量 約2.95キロ
電源 入力:AC100V 50/60Hz、出力:DC22V 1000mA
バッテリー種類 ニッケル水素電池(Ni-MH)
バッテリー容量 14.4V、2,500mAh
バッテリー寿命
充電時間 約3.5時間
消費電力 25W
稼働時間 約20~60分
掃除面積
運転音 約55dB
集塵容積 0.3リットル
フィルター
乗り越え能力

スポンサーリンク