ロボット掃除機比較ガイド ロゴ画像
サイト内検索:
iRobot メーカー タイトル画像

iRobot メーカー タイトル画像

《付属品を省略して価格を抑えた600シリーズの下位モデル》

「アイロボット ルンバ620(iRobot Roomba 620)」は、ルンバ600シリーズ(国内正規品)の下位モデルです(2012年10月19日発売) 基本性能は上位機種の「ルンバ630」と同一ですが、一部の付属品を省略することにより低価格で販売されています。

後継機種は「ルンバ622」と「ルンバ621」です(2014年9月発売)

スポンサーリンク

製品情報


iRobot 掃除機 自動お掃除ロボット ルンバ 620

「アイロボット ルンバ620」は、ルンバ600シリーズ(日本仕様)の下位モデルにあたる機種です。

同時発売の上位モデル「アイロボット ルンバ630」と基本性能は同一です。また本体の大きさ、バッテリー仕様も共通となっています。

下記の3点が「ルンバ630」との違いとなっています。

  • フェイスプレートカラー(ホワイト)
  • バーチャルウォールが1個しか付属しない
  • 交換用フィルターが付属しない

ルンバ本体とバッテリー(内蔵)の他に、付属品として「ホームベース」「ACアダプター」「バーチャルウォール(1個)」「お手入れカッター」「リモナビ(リモコン)」「クッションラバー」が同梱されます。

レビュー・評価

長所

「ルンバ620」は「自動充電機能」を搭載する国内正規品ルンバの中で最も低価格なモデルです。掃除終了後、充電ステーションに自動で戻る「自動充電機能」が欲しい人は、ぜひ検討してみてください。

また「人工知能 AWARE」「高速応答テクノロジー iAdapt」を搭載したことで、旧500シリーズと比べて室内を把握する能力がアップしています。

500シリーズと共通のシンプルなフィルターを採用しているため、ランニングコストを低く抑えられることも魅力です。

短所

ルンバ600シリーズ(620・630)には「スケジュール機能」がありません。タイマーを設定して留守中に掃除させたい人は、ルンバ700シリーズ(780・770・760)をおすすめします。

掃除中の騒音、排気のクリーン度も、ルンバ700シリーズのほうが向上しています。

またコストダウンが理由なのかもしれませんが、見た目が2007年発売のルンバ500シリーズと共通なので、ハイグレードモデルの700シリーズと見比べると、若干デザイン・質感が劣る気がします。

ルンバ630との比較

「ルンバ620」と「ルンバ630」の基本性能は全く同一です。ゴミを集める能力は変わりませんので、安さを追求する人は「ルンバ620」で十分でしょう。

「ルンバ620」には交換用のフィルターが付属しませんが、Amazon、楽天等のネット通販サイトで安価な互換品を入手できます。またフィルターは購入後すぐ必要になるものではありませんので、後日購入しても問題ないと思います。

「バーチャルウォール」については、利用する環境によって必要な数が異なると思います。ルンバに掃除させたくない場所が複数ある場合は、最初からバーチャルウォールが2個付属する「ルンバ630」をおすすめします。

バーチャルウォールは別売りで購入すると高いので、差額分を考えると「ルンバ630」を購入したほうがお得になると思います(バーチャルウォールの標準価格は税込6,825円。「ルンバ620」と「ルンバ630」の差額は5,000円です)

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能
サイドブラシ 拭き掃除機能 ×
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能 ×
衝突防止機能 × バーチャルウォール機能
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2012年10月
メーカー アイロボット
型番 R620060(ホワイト)
本体寸法 幅34センチ*奥行き34センチ*高さ9.2センチ
本体質量 約3.7キロ
電源 入力:AC100V 50/60Hz
バッテリー種類 充電式ニッケル水素電池
バッテリー容量 14.4V、3,000mAh
バッテリー寿命 約1年半
充電時間 約3時間
消費電力 33W
稼働時間 最大60分
掃除面積
運転音
集塵容積
フィルター
乗り越え能力 約2センチ

スポンサーリンク