ロボット掃除機比較ガイド ロゴ画像
サイト内検索:
iRobot メーカー タイトル画像

iRobot メーカー タイトル画像

《改良されたルンバ537のバージョンアップモデル》

「アイロボット ルンバ537J」は、国内正規品ルンバ500シリーズのスタンダードモデルです。ルンバ700シリーズの発売以前は「ルンバ537」として販売されていましたが、2012年2月に機能・価格・サービスのマイナーチェンジを行い「ルンバ537J」として継続販売されています。

後継機種は「アイロボット ルンバ630」です(2012年10月発売)

スポンサーリンク

製品情報


iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ ホワイト 537J

「アイロボット ルンバ537J」は、国内正規品ルンバ500シリーズのスタンダードモデルです。

ホワイトのボディカラーは、旧モデル「ルンバ537」と共通ですが、従来の「人工知能AWARE(アウェア)」に加えて「高速応答プロセスiAdapt(アイ・アダプト)」が追加されたことにより、掃除のアルゴリズムが改良されています。

またバッテリー寿命も、従来品は1年でしたが「ルンバ537J」は1年半に伸びています。

「ルンバ537J」本体とバッテリー(内蔵)の他に、ACアダプター、交換用フィルター1個、お手入れツール、クッションラバー、バーチャルウォール2個、リモコン、ホームベースが付属します。

ちなみに「ルンバ537J」には派生機種があり、フェイスプレートがゴールドの「ルンバ53777」ジャパネットたかた限定モデル、フェイスプレートがロゼとネイビーの「ルンバ53792」「ルンバ53795」ショップチャンネル限定モデル、フェイスプレートがプラチナシルバーの「アイロボット ルンバ539 ビックカメラ限定モデル」はビックカメラグループ(ビックカメラ・コジマ・ソフマップ)限定モデルとなっています。

レビュー・評価

長所

ルンバ500シリーズは2007年に発売されたロングセラー商品です。マイナーチェンジのたびに細かい部分に改良が加えられており、ロボット掃除機としての性能は十分な物があると思います。また、バッテリー、フィルター等の消耗品も入手が容易で、純正品の他に安価な互換品も販売されているので、運用コストを低く抑えられると思います。

短所

ルンバ500シリーズは、新設計のルンバ700シリーズと比較すると「センサーが少ない」「運転音が大きい」「バッテリーの寿命が短い」という弱点があります。とくにゴミ検知センサーに関してはピエゾセンサーのみとなるため、光センサーも搭載している「ルンバ780」「ルンバ770」に比べると、フワフワした綿ボコリのようなゴミには弱いようです。

運転音についても、テレビのボリュームをかなり上げないと聞こえない程度の大きさですので、掃除する部屋に人がいる場合は気になると思います。さらに注意点として「ルンバ537J」には「スケジュール機能」が搭載されていません。留守中などの指定した時間に自動で掃除をさせたい場合は、ルンバ700シリーズの購入をお勧めします。

ルンバ537との比較

「ルンバ537J」と「ルンバ537」に外観上の違いはありません。変更点は「高速応答プロセス『iAdapt(アイ・アダプト)』の搭載」「無料メンテナンスサービスの廃止」「価格変更」です。

中でも「iAdapt(アイ・アダプト)」の搭載は非常に大きな変更です。従来までのルンバ500シリーズに搭載されていた人工知能「AWARE(アウェア)」に加えて「AWARE」の判断を高速処理する「iAdapt」が追加され、「ルンバ537J」はより“賢く”なっています。

また「ルンバ537」にはユーザー登録後、約10ヶ月で無料の点検・メンテナンスを受けられる「無料メンテナンスサービス」が用意されていましたが、「ルンバ537J」ではこの特典は廃止されています。その代わりに価格が約1万円安くなっています。

※参考資料として「iAdapt」が搭載されている機種と未搭載の機種を比較した動画を紹介します。狭い通路を脱出させるデモでの違いは歴然としています。

ルンバ527Jの比較

「ルンバ537J」と「ルンバ527J」の違いは、「本体カラー」「自動充電機能の有無」「付属品の有無」「価格」となっています。

「ルンバ527J」には、自動充電機能が搭載されていないため、掃除終了後、ACアダプターを自分で接続する手間がかかります。また仮想フェンス発生機能の「バーチャルウォール」が、「ルンバ527J」には1個しか付属しません。ルンバに掃除してほしくない場所が多い場合は、バーチャルウォールが2個付属する「ルンバ537J」をおすすめします。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能
サイドブラシ 拭き掃除機能 ×
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能 ×
衝突防止機能 × バーチャルウォール機能
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2012年2月
メーカー アイロボット
型番 53744
本体寸法 幅34センチx奥行き34センチx高さ9.2センチ
本体質量 約3.7キロ
電源 入力:AC100V 50/60Hz
バッテリー種類 充電式ニッケル水素電池
バッテリー容量 14.4V、3,000mAh
バッテリー寿命 約1年半
充電時間 約3時間
消費電力 33W
稼働時間 最大60分
掃除面積 25畳
運転音
集塵容積 0.23リットル
フィルター
乗り越え能力 約2センチ

スポンサーリンク