ロボット掃除機比較ガイド ロゴ画像
サイト内検索:
iRobot メーカー タイトル画像

iRobot メーカー タイトル画像

《シンプル機能で価格を抑えたルンバ入門モデル》

「アイロボット ルンバ760(iRobot Roomba 760)」は2011年10月に発売されたルンバ700シリーズのベーシックモデルです。他のモデル(ルンバ780・ルンバ770)との違いは「ホワイトのボディカラー」で一部の機能を省略し価格を抑えたシンプル仕様です。

現在は製品ラインナップから外されており、店頭在庫分のみの販売となっています。

スポンサーリンク

製品情報


iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 760

「ルンバ760」は、アメリカのiRobot社が製造し、日本正規代理店のセールス・オンデマンド社が販売するロボット掃除機です。2011年10月に販売を開始した「ルンバ700シリーズ(ルンバ780ルンバ770・ルンバ760)」のエントリーモデルに該当します。

ボディカラー(フェイスプレートカラー)は「ホワイト」。付属品は「ホームベース」「ACアダプター」「オートバーチャルウォール(2個)」「ダストカットフィルター(2セット)」「お手入れリング」「お手入れカッター」「リモコン」の7点です。

主な機能として「自動充電機能」「スケジュール機能」「落下防止機能」「からまり防止機能」「スポット掃除機能」「バーチャルウォール機能」「リモコン操作機能」を搭載します。

上位モデル(ルンバ780・ルンバ770)との違いは、タッチパネル・ダブルゴミセンサー・ゴミフルサイン・ライトハウス機能が省略されていることです。

ちなみにテレビ通販で有名な「ジャパネットたかた」「ルンバ76057」という限定商品を販売しています。これは通常の「ルンバ760」に税込9,450円相当の付属品をプラスしたオリジナル商品ということになっています。

ジャパネット限定の付属品は「ダストカットフィルター×2セット(計4個)」「エッジクリーニングブラシ(1個)」「フレキシブルブラシ(1個)」「メインブラシ(1個)」の4点です。

「ルンバ76057」は一見するとお買い得品に思えますが、冒頭にも書いたように「ルンバ760」自体がルンバ700シリーズの製品ラインナップから外されており、家電量販店の店頭で見かけることはほとんどありません。実のところ「型落ち商品」に大量の付属品を付けて「目玉商品」に仕立てた代物と言えるでしょう。

もちろん掃除性能は上位モデルと変わらないので、豊富な付属品に魅力を感じたのであれば買って損はないと思います。しかし機能が多い上位機種(ルンバ780・ルンバ770)も実売価格50,000~60,000円で買えるため、購入前によく検討されたほうが良いと思います。

レビュー・評価

長所

「ルンバ760」のセールスポイントは、ルンバ700シリーズの中で最もお求めやすい低価格です(実売5万円前後)。エントリーモデルとはいえ「自動充電機能」や「タイマー機能」などロボット掃除機の基本的な機能は全て搭載されています。

安価なロボット掃除機と比較すると掃除性能は雲泥の差がありますので、プラス1~2万円程度を支払う余裕があるのであれば「ルンバ760」の購入をおすすめします。

また掃除性能に関しては後発のロボット掃除機の追随を許していません。その理由は発売から10年以上の歴史を持ち、その間に蓄積された膨大な走行データがアルゴリズムに反映されているためだと思われます。

短所

「ルンバ760」に搭載されているセンサーは砂利などに反応する「ピエゾセンサー」のみで、ルンバ780・ルンバ770に搭載される「光センサー」は省略されています。したがって綿ゴミなどの大きめでふわふわしたゴミにはやや弱いと思われます。

しかしピエゾセンサーしか搭載されていない旧モデルのルンバ500シリーズでも充分に掃除できていましたので、一般的な使い方であればあまり気にする必要はないかもしれません。

またゴミが満タンになったことを知らせる「ゴミフルサイン」も搭載されていませんが、これについては掃除が終わるたびにダストボックスのゴミを捨てる習慣を付けることで解決できると思います。

ルンバ537Jとの比較

「ルンバ760」と「ルンバ537J」は価格が近いのでどちらを買うか迷う人が多いと思います。「ルンバ760」には指定した時間に掃除をさせる「スケジュール機能」が搭載されているので、留守中に掃除をさせたい方は「ルンバ760」を選ばれたほうが良いでしょう。

さらに「ルンバ760」のほうが運転音が静かでバッテリー寿命も長く、フィルターも高機能な「HEPAフィルター」が採用されているので、同じ値段であれば迷わず「ルンバ760」をお勧めします。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能
サイドブラシ 拭き掃除機能 ×
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能
衝突防止機能 × バーチャルウォール機能
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2011年10月
メーカー アイロボット
型番 76006
本体寸法 幅35.3センチx奥行き35.3センチx高さ9.2センチ
本体質量 約3.85キロ
電源 入力:AC100V 50/60Hz
バッテリー種類 充電式ニッケル水素電池
バッテリー容量 14.4V、3,000mAh
バッテリー寿命 約1年半
充電時間 約3時間
消費電力 33W
稼働時間 最大60分
掃除面積 25畳
運転音
集塵容積
フィルター ダストカットフィルター
乗り越え能力 約2センチ

スポンサーリンク