ロボット掃除機比較ガイド ロゴ画像
サイト内検索:
LG メーカー タイトル画像

LG メーカー タイトル画像

《付属品が追加されたホームボットスクエアの上位機種》

「LGエレクトロニクス ホームボット スクエア VR6270LVMB(LG HOM-BOT SQUARE VR6270LVMB)」は、LGエレクトロニクス・ジャパンが販売するロボット掃除機です。スタンダードモデルの「VR6260LVM」と機能・性能は同じですが「カーペット専用回転ブラシ」を含む付属品が追加されています。本体カラーは高級感のある「ミラーブラック」です。

「ホームボット スクエア VR6270LVMB」の実売価格は80,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報


LG VR6270LVMB ミラーブラック HOM-BOT スクエア [ロボット掃除機]

「ホームボット スクエア VR6270LVMB」は、韓国の総合電機メーカー「LG Electronics」の日本法人「LGエレクトロニクス・ジャパン」が日本市場で販売するロボット掃除機です。

円形のロボット掃除機が苦手とする部屋のコーナーを掃除しやすいよう採用された「スクエアボディ(四角いボディ)」が特長。スタンダードモデル「ホームボット スクエア VR6260LVM」との違いは「付属品」「本体カラー」で基本的な機能・性能は同一となっています。

最大のセールスポイントは、カーペットでのゴミ除去率を約30パーセント向上させた「カーペット専用回転ブラシ」が付属することです。

カーペット専用ブラシには長く弾力性がある素材が使われており、ゴミをかき出す性能が向上しています。しかしフローリングでは集塵力が低下するため、標準の回転ブラシとの使い分けが推奨されています。またカーペット専用回転ブラシは「VR6260LVM」にも取付可能です。

本体にはスタイリッシュな「ミラーブラック」を採用。傷や汚れが付きにくいUVコーティングが施されています。また従来品には無かった予備の「側面回転ブラシ」が2本追加されました。

掃除のアルゴリズムはホームボットシリーズ共通の「デュアルアイ2.0」を搭載しています。

これは上下に2個内蔵された小型カメラセンサーで室内を撮影し地図情報を作成、現在位置と走行距離を認識しながら掃除を行うものです。ルンバに代表されるランダム性の強いアルゴリズムと異なり、同じ場所を何度も通過しないので短時間で掃除を行えるメリットがあります。また従来品は暗い場所を苦手としていましたが、感度を自動調節する「ISOコントロール」が追加されたため、暗い部屋でも効率よく正確に掃除を実行できるようになりました。

この他にも、障害物や壁の位置を記憶して次回の掃除時間を短縮する「学習機能」、掃除を中断して本体を別の場所に移動しても元の場所から掃除を再開する「お掃除エリア記憶機能」、障害物までの距離を認識して回避する「デジタルバンパー」、掃除場所に合わせて吸引力を自動調節する「自動ターボモード」など、掃除効率を高める機能が採用されています。

また従来品と同様に、約48デシベルの静音性、微細なハウスダストも除去する「ワイドHEPAフィルター」、マイクロファイバークロスによる拭き掃除など機能が充実しています。

付属品は、リモコン、ホームステーション(充電器)、ワイドHEPAフィルター(予備1個)、マイクロファイバークロスプレート、マイクロファイバークロス(2枚)、側面回転ブラシ(予備2枚)、フィルター掃除用ブラシ、リモコン用乾電池(単4型2本)、お手入れ用ブラシ(回転ブラシ用)、カーペット専用回転ブラシとなっています。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能 ×
サイドブラシ 拭き掃除機能
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能
衝突防止機能 バーチャルウォール機能 ×
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 × リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2013年10月
メーカー LGエレクトロニクス
型番 VR6270LVMB(ミラーブラック)
本体寸法 幅34センチ*奥行き34センチ*高さ8.9センチ
本体質量 約3キロ
電源 IN:100V 50Hz/60Hz OUT:DC17.1V/1.1A
バッテリー種類 充電式リチウムイオン電池
バッテリー容量 14.8V、1,900mAh
バッテリー寿命
充電時間 約3時間
消費電力 23W
稼働時間 最大100分
掃除面積
運転音 約48dB
集塵容積 0.6リットル
フィルター HEPAフィルター
乗り越え能力 約2センチ

スポンサーリンク