ロボット掃除機比較ガイド ロゴ画像
サイト内検索:
LG メーカー タイトル画像

LG メーカー タイトル画像

《HOM-BOT2.0のマイナーチェンジモデル》

「LGエレクトロニクス ホームボット2.0 VR6140LVM(LG HOM-BOT2.0 VR6140LVM)」は、LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社が発売するロボット掃除機です(2013年4月下旬発売)。「ホームボット2.0 VR6170LVM」の後継機種に該当する製品であり、上下のカメラで室内を認識する「デュアルアイ」システムを搭載しています。

「ホームボット2.0 VR6140LVM」の実売価格は55,000円前後です。

スポンサーリンク

製品情報

「ホームボット2.0 VR6140LVM」は、2013年3月中旬に発売されるホームボットシリーズのスタンダードモデルです。ベースは韓国で発売中の「LG ROBOKING VR6140LVM Dual Eye」。機能・性能は2012年に発売された「ホームボット2.0 VR6170LVM」とほぼ同一となっています。主な変更点は「本体カラー」「サイドブラシ」「稼働時間」です。

本体カラーは、韓国で人気の「レッド」からシックな「ブルー/シルバー」に変わりました。またサイドブラシの形状が「3本アーム」から「4本アーム」に改良されています。しかしサイドブラシ自体の配置が先代モデルと同じなので、コーナーの掃除が苦手という弱点が克服されているのか微妙なところです。またバッテリー関連のスペックに変更はありませんが、掃除時間が最大100分から最大75分に短くなっています。

「ホームボット2.0 VR6140LVM」のアルゴリズムは、「Dual Eye(デュアルアイ)」と呼ばれる、上下2つのカメラセンサーで天井・床を撮影し、自分の位置を記録しながら掃除を実行する「人工知能+マッピング型」です。掃除システムは、左右のサイドブラシでゴミを集めて、底面の床ブラシでかき取りながら吸引する方式を採用しています。この他に専用マイクロファイバークロスをセットしてフローリングの拭き掃除に対応。ダストボックス、フィルター、マイクロファイバークロスは水洗い可能です。

掃除モードは「ジグザグモード」「空間拡張モード」「ここだけモード」「リモコンお掃除モード」の4種類。ジグザグモードは短時間で掃除、空間拡張モードは念入りに掃除します。ここだけモードは本体周辺を集中して掃除、リモコンお掃除モードは手動操作で掃除可能です。

掃除完了または充電が少なくなると、自動でホームステーションに戻って充電を開始します。また掃除中に一時停止して本体を移動させた場合も、元の場所から掃除を再開する「お掃除エリア記憶機能」を搭載しています。タイマー予約による掃除も可能ですが、現在の時刻から1~12時間後に自動で掃除をスタートする単純な機能となっています。

「HOM-BOT 2.0 VR6140LVM」本体の他に、リモコン、ホームステーション(充電器)、側面回転ブラシx2、ダストボックスフィルター(予備用)、畳専用ブラシカバー、マイクロファイバークロスプレート、マイクロファイバークロスx2、フィルター掃除用ブラシ、リモコン用単4形乾電池x2が付属します。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能 ×
サイドブラシ 拭き掃除機能
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能
衝突防止機能 バーチャルウォール機能 ×
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 × リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2013年4月
メーカー LGエレクトロニクス
型番 VR6140LVM(ブルー/シルバー)
本体寸法 幅36センチx奥行き36センチx高さ9センチ
本体質量 3.2キロ
電源 入力:AC 100V 50Hz/60Hz 出力:17.1 VDC/1.1A
バッテリー種類 充電式リチウムイオン電池
バッテリー容量 14.8V、1,900mAh
バッテリー寿命 約2年
充電時間 約3時間
消費電力 23W
稼働時間 最大75分
掃除面積
運転音 約48dB
集塵容積 0.4リットル
フィルター HEPAフィルター
乗り越え能力 約1センチ

スポンサーリンク