ロボット掃除機比較ガイド ロゴ画像
サイト内検索:
TOSHIBA メーカー タイトル画像

TOSHIBA メーカー タイトル画像

《付属品を省略して価格を抑えた下位モデル》

「東芝 スマーボV VC-RB7000(TOSHIBA Smarbo V VC-RB7000)」は、東芝ホームアプライアンス株式会社が2012年9月1日に発売したロボット掃除機です。

上位モデル「スマーボV VC-RB8000」の廉価版に該当する機種で約1万円ほど安い価格で販売しています。主な相違点は「ブラックの本体カラー」「付属品」となっています。

後継機種は「東芝 トルネオ ロボ VC-RVD1」です(2014年9月発売)

スポンサーリンク

製品情報


東芝 ロボット掃除機 スマートロボットクリーナー スマーボ SmarboV VC-RB7000(K)

「スマーボヴイ VC-RB7000」は、2011年10月に発売された「東芝 スマーボ VC-RB100」の後継機種にあたる製品です。

「スマーボ VC-RB100」と同様に、韓国の家電メーカー「サムスン電子(SAMSUNG)」のお掃除ロボット「NaviBot S」をベースに開発されており、「CCDカメラで室内を撮影→写真を元にマッピング(地図作成)→現在位置を把握しながら掃除」という基本システムは、そのまま受け継がれています。

上位モデル「VC-RB8000」との違いは、「本体カラー(ブラック)」「バーチャルガードの数(VC-RB7000は1個)」「交換用プリーツフィルターの有無(VC-RB7000は無し)」「乾電池の数(VC-RB7000は単一2本、単四2本)」「価格」です。

基本性能は「VC-RB8000」と同一になりますので、詳細については「スマーボV VC-RB8000」の項目をご覧ください。

ちなみに「スマーボV VC-RB7000」の消耗品を交換するには、基本的に販売店か家電量販店に相談する必要があります。消耗品の価格は、プリーツフィルター(1個630円)、サイドブラシ組立(1個630円)、モップ組立(1,260円)、バーチャルガード組立(3,885円)、バッテリー交換(10,500円)となっています。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能
サイドブラシ 拭き掃除機能
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能
衝突防止機能 バーチャルウォール機能
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2012年9月
メーカー 東芝
型番 VC-RB7000(K) ブラック
本体寸法 幅35センチx奥行き35センチx高さ8センチ
本体質量 3.2キロ
電源 交流100(50Hz/60Hz共用)
バッテリー種類 充電式リチウムイオン電池
バッテリー容量 14.4V、2.2Ah、セル数:4
バッテリー寿命
充電時間 約180分
消費電力 40W
稼働時間 約60分
掃除面積
運転音 約56dB
集塵容積 0.4リットル
フィルター
乗り越え能力

スポンサーリンク