ロボット掃除機比較ガイド ロゴ画像
サイト内検索:
TOSHIBA メーカー タイトル画像

TOSHIBA メーカー タイトル画像

《同じ場所を4回掃除する高性能お掃除ロボット》

「東芝 スマーボV VC-RB8000(TOSHIBA Smarbo V VC-RB8000)」は、東芝ホームアプライアンス株式会社が販売するロボット掃除機です(2012年9月1日発売)

2機種ある「スマーボV」シリーズの上位モデル「VC-RB8000」は、「パールホワイトの本体カラー」「バーチャルガード、フィルター等の付属品」が特長となっています。

後継機種は「東芝 トルネオ ロボ VC-RCX1」です(2014年9月発売)

スポンサーリンク

製品情報


東芝 ロボット掃除機 スマートロボットクリーナー スマーボ SmarboV VC-RB8000(W)

「スマーボV VC-RB8000」は、2012年9月に発売された「Smarbo V(スマーボ ヴイ)」シリーズのハイエンドモデルです。スタンダードモデル「スマーボV VC-RB7000」と機能・性能は全く同じ製品であり、違いは本体カラーと付属品の内容となっています。

「スマーボV」シリーズは、韓国の大手家電メーカー「サムスン電子(SAMSUNG)」のロボット掃除機「NaviBot S SR8950」を、東芝が日本市場向けにカスタマイズした形で販売されるOEM製品です。旧モデル「スマーボ VC-RB100」の弱点を克服するために、様々な改良が施されたメーカーの意欲を感じられる内容となっています。

スマーボシリーズ最大のセールスポイントは、内蔵カメラで天井や壁を撮影し「マッピング(地図作成)」を行いながら、現在位置を把握する人工知能とアルゴリズムです。「スマーボV VC-RB8000」は精度を高めるために、この部分をかなり強化しています。

例えば、旧モデルは室内を1マス20㎝平方の区画に分けて撮影し、ルートを記憶していましたが、「スマーボV VC-RB8000」は半分以下の1マス7㎝平方を撮影する仕様に変更されています。これにより複雑な形状の部屋でも、掃除ルートを正確に確認できるようになっています。カメラの認識範囲は上方167度が上方140度に縮小されていますが、撮影区画が細かくなっているため問題無いのだと思います。さらに搭載されるセンサーの数が38個から45個に増加しています。

また旧モデルは同じ場所を1回しか通過しない仕様だったため、掃除時間が短く済む反面、ゴミの取り残しが多いという不満点がありました。これについても「スマーボV VC-RB8000」では、旧モデルの「念入りモード」にあたる動作を「通常モード」で2回繰り返すことで、合計4回同じ場所を通るように改良するなど掃除性能の向上を図る努力がうかがえます。

特筆すべきポイントとして、ルンバとLGのホームボットのみが対応していた「ゴミ検知機能」が新たに追加されました。これは赤外線を利用したもので、ゴミが多い場所を発見すると、その場で2周する仕組みになっているそうです。しかしゴシゴシと雑巾がけのように集中して掃除するルンバに比べると、ゴミの収集量は劣るかもしれません。

バッテリーも、従来品のニッケル水素バッテリーからリチウムイオンバッテリーにバージョンアップしています。リチウムイオンバッテリーは継ぎ足し充電に強いので、バッテリー寿命が大幅に伸びたと考えられます(バッテリー交換の目安は約1年半とされています) ただしリチウムイオンバッテリーは価格が高いので、総合的に見るとどの程度お得になったのかは判断できません。

この他に、掃除の途中でバッテリーが少なくなると自動で充電器に戻り、充電完了後に掃除を中断した場所から再開する「レジューム機能」を搭載しています。運転音は標準モードで約56dB、マナーモードの場合は約52dBです。

「スマーボV VC-RB8000」本体とバッテリーの他に、充電器1個、バーチャルガード2個、モップ2枚、モッププレート1個、交換用プリーツフィルター1個、お手入れブラシ1個、リモコン1個、乾電池(単一4本、単四2本)が付属します。主な機能として、衝突防止機能、落下防止機能、拭き掃除機能、自動充電機能、スケジュール機能、バーチャルウォール機能、リモコン機能を搭載しています。

ちなみに消耗品の交換は、基本的に販売店か家電量販店に相談する必要があります。消耗品の価格は、プリーツフィルター(1個630円)、サイドブラシ組立(1個630円)、モップ組立(1,260円)、バーチャルガード組立(3,885円)、バッテリー交換(10,500円)となっています。

※参考資料として雑誌「GetNavi」が撮影した「スマーボV VC-RB8000」の走行ルート動画をご紹介します。動きが直線的で静かなことがわかります。

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能
サイドブラシ 拭き掃除機能
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能
衝突防止機能 バーチャルウォール機能
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2012年9月
メーカー 東芝
型番 VC-RB8000(W) パールホワイト
本体寸法 幅35センチx奥行き35センチx高さ8センチ
本体質量 3.2キロ
電源 交流100(50Hz/60Hz共用)
バッテリー種類 充電式リチウムイオン電池
バッテリー容量 14.4V、2.2Ah、セル数:4
バッテリー寿命
充電時間 約180分
消費電力 40W
稼働時間 約60分
掃除面積
運転音 約56dB
集塵容積 0.4リットル
フィルター
乗り越え能力

スポンサーリンク