ロボット掃除機比較ガイド ロゴ画像
サイト内検索:
マミロボット ポロ KF701 商品画像

マミロボット ポロ KF701 商品画像

《カラバリ豊富なハンディクリーナー付きお掃除ロボット》

「マミロボット ポロ KF701(Mami Robot PPORO KF701)」は、韓国の自動掃除機メーカー「MamiRobot」が開発・販売するロボット掃除機です。ハンディクリーナー付きの旧モデル「マミロボット ポロ K7」の後継機種として2012年6月に発売されました。

「マミロボット ポロ KF701」の実売価格は税込34,600円です。

スポンサーリンク

製品情報

「マミロボット ポロ KF701」は、充電ステーションにハンディクリーナーをセットしたユニークなデザインが好評だった「マミロボット ポロ K7」の後継モデルです。主な違いは「ボディデザインの変更」と「衝突防止センサーの追加」です。

本体には、光沢感がある素材が使われており、花をモチーフにしたデザインが描かれています。本体カラーは、ワイン・オレンジ・ライム・ホワイト・チタンの5種類がラインナップされています(「ポロ K7」で選べたシルバーは廃止されました)

衝突防止センサー以外の基本性能は、旧モデルの「マミロボットポロ K7」と大きく変わらないようです。独自のサイクロン吸引システム(真空吸引方式)を搭載し、目的に合わせて吸い込み部分のパーツを変更可能(標準ブラシと髪の毛・ペットの毛に対応するヘアーモードの2種類)。専用のマイクロファイバーパッドで「水拭き」「乾拭き」の両方に対応しています。

付属のハンディクリーナー「チャル」は充電式のコードレスタイプなので、ロボット掃除機が対応できない細かい部分を手軽に掃除できます。ちなみにフィルターは使い捨て方式なので定期的に交換する必要があります(1枚あたり約12円)

「ポロ KF701」本体の他に、リモコン、充電用バッテリー、ACアダプター、不織布フィルター(60枚)、マイクロファイバーパッド(5枚)、ハンディークリーナー用フィルター(大50枚、小50枚)、リモコン用乾電池(単4×2本)が付属しています。

レビュー・評価

長所

好みに合わせて選べる豊富なカラーバリエーションは非常に魅力的です。これは他の韓国メーカーや日本メーカーも見習ってほしいところです。また「マミロボット ポロ KF701」は、独自の人工知能(SSWモード)を搭載している点も高評価です(安価なロボット掃除機の多くは人工知能を搭載していません) さらに床ブラシを装備しているので、吸引のみのお掃除ロボットと比べて集塵能力は高いと思います。

短所

付属のハンディクリーナーは大変便利なのですが、充電ステーションにセットする形式のため、かなり広めの設置スペースが必要です。ハンディクリーナーが必要ない人は下位モデル「マミロボット ポロ KF501」も検討してみてください。また使い捨て方式のフィルターは定期的に追加購入する必要があります。スケジュール機能を2時間~12時間の範囲しか設定できないのも大きな不満点です(曜日単位の設定は不可)

主要機能一覧

※メーカーにより機能の名称は異なります。
※機能の詳しい解説は「お掃除ロボットの主な機能について」をご覧下さい。

人工知能 ゴミ検知機能 ×
サイドブラシ 拭き掃除機能
床ブラシ 自動充電機能
バキューム機能 スケジュール機能
衝突防止機能 バーチャルウォール機能 ×
落下防止機能 ライトハウス機能 ×
からまり防止機能 × リモコン操作機能

製品仕様

発売年月 2012年6月
メーカー マミロボット
型番 KF701
本体寸法 幅35センチx奥行き35センチx高さ9センチ
本体質量 約2.8キロ
電源 AC100~240V 50/60Hz
バッテリー種類 充電式ニッケル水素電池
バッテリー容量
バッテリー寿命
充電時間 約2時間
消費電力 35W
稼働時間 約2時間
掃除面積 最大25畳
運転音
集塵容積 0.55リットル
フィルター 使い捨てフィルター
乗り越え能力

スポンサーリンク